2011年09月08日

漢方を用いた便秘の薬

便秘の薬は心と体のトータルケアが何より重要だという考え方が、昨今もてはやされつつあるようです。
最近は、大手のドラッグストアでも、漢方の取り扱いや調合をしてくれるところはありますから、そういうお店でも便秘の薬に関する相談は出来ると思います。
確かに、新陳代謝が悪いと、体内に老廃物がたまりがちになってしまいますから、アトピーのようなアレルギー体質を持っていない人でも肌荒れを起こしがちになってしまいます。
ましてや、ちょっとした事でアレルギー反応を起こす人の便秘の薬には、デトックスはとても重要なポイントになって来るのでしょう。
それに、西洋医学のアトピー治療で用いるステロイド剤などは、長期間の使用や多量の使用は危険だとされています。
その点、副作用の少ない漢方なら、長期間に渡る便秘の薬にも適しているのかも知れませんね。
ただ、特に飲む漢方は、いくら副作用が少ないとは言え、0ではない可能性もありますから、便秘の薬に用いる場合は、少々気を付けた方がいいかも知れませんけどね。
取り分け入浴剤については、別に子供がアトピーじゃなくても、体が温まって冷えや腰痛などが解消されるからと言って、使っていらっしゃるお宅も沢山知っています。

便秘の薬は、とにかく体の代謝を上げ、冷えを押さえる事が重要。
そこで、体を温める効果の高いお茶や入浴剤のような漢方は、取り分け便秘の薬には適していると言われています。
それに、便秘の薬の食事療法の中にも、甜茶などの中国茶を勧める説が多数見られます。
実際問題、漢方の入浴剤は臭いが独特なので、いくら子供の便秘の薬だとは思ってもねぇっと、大昔に言っていた友人もいました。

便秘の薬を東洋医学の面から考えるのであれば、やはり、最寄りの漢方薬局に一度ご相談に行かれるといいでしょう。
けれど、薬局へ便秘の薬の相談に行くにしても、ある程度はそういう記事を読んで、基本的な漢方の知識を供えておかれる事は重要なのではないでしょうか。
飲み薬あり、塗り薬あり、入浴剤ありの漢方の世界、アトピー対策に一役買うのも納得出来ると言えば納得出来るというものです。
特にお茶という性質柄からも、まあ便秘の薬の漢方としては、比較的活用しやすい方なのではないだろうかと私は思いますね。
そこで注目を集めているのが東洋医学による便秘の薬策、鍼灸や漢方薬の活用ですね。
けれど、最近は西洋医学と同様に東洋医学もグングン進化していますからね
posted by トリトン at 11:31| すぐ効く便秘薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。